REASON.4|私たちの取り組み(安全・安心)

お客さま・地域の人々から運送事業者に求められているのは、安全・安心への姿勢。一人ひとりのドライバーが安全・安心に細心の注意を払い、業務に取り組むことで質の高い輸送を実現できると考えております。

01車両日常点検・整備

車が安全に走行するには、日頃から車を点検整備する必要があります。

運行前点検を行うだけではなく、車両整備計画にそって、1カ月、3カ月、1年点検を実施し、車両不備による事故撲滅に取り組んでいます。

02対面点呼・アルコールチェック

運行管理者による運行前・後の点呼・飲酒チェック及びドライバーの健康・心理状態もチェック。

安全な乗務の可否を判断し安全運行実施と飲酒運転の防止に努めております。

03安全輸送に関する各種研修の実施

お客さまのお荷物を最後まで安全に運び切る。その「当たり前」を常に目指し、運輸安全マネジメント講習を定期的に開催。

その結果10年以上にわたり、交通違反ゼロを実現しています。(※)

 

※2020年7月現在

研修について

情報・意見交換

運輸安全マネジメントを実行するため、定期的に座学研修を中心に実施しています。

路上同乗研修

新人ドライバーだけでなく、ベテランのドライバーも、運行管理者が同乗して運転技術向上に努めています。

梱包・包装研修

梱包技術は荷物を安全に輸送するために欠かせません。他社事例なども参考にし、最新技術を取り入れています。

搬出・搬入研修

養生の基本はもちろん、大切な荷物をダメージなく搬出・搬入するための工夫に、日常的に取り組んでいます。